ランディングページとは

ランディングページとは、
直訳すると着陸するページということで、

ユーザーが最初に訪問してくる
ページのことを指しますが、

WEBマーケティングの場合には、
ランディングページとか、LPというと
縦長ページのことを差すことが多いです。

ひとつのテーマに絞り込んだページで
資料請求や購入などにページ内で誘導します。

1ページ内に情報を詰め込むことで、
離脱を最小限に留めて効果を出す施策です。

資料請求で顧客情報を取るだけのページや
販売するためのページになっている場合が多いです。

以前は、文章がたくさんあって
縦に長いページが多かったですが、
最近では短くなっている傾向があります。

また、動画をページに張り付けて、
動画で説明をする場合も増えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA