常にお客さんが途切れないケースとは

行列が途切れない

WEB集客をサポートしてます。
榎田要です。

前回は、売れたときの再現性について
お伝えしました。

今回はその続きですが、
対面で販売している場合に、
対面商談までいかないという場合。

商談までの導線を見直してみてください。
何か問題があることが多いです。

いろいろ集客しているつもりだったけど、
実は役に立っていなかった
という場合もあったりします。

逆の場合もあります。
特に意図して集客していないのに
常にお客さんが途切れないケース。

その場合は、実意は集客のために、
無意識に何かしているはずなので、
それを探してみてください。

そのお客さんは
どこから来たのかを考えてみましょう
それがうまく継続されていませんか?

親戚の紹介なのか
友人の紹介なのか
お客さんの紹介なのか

チラシなのか
WEBからなのか
交流会からなのか

その人たちとどこで出会って、
どういう話をして商談になったのか?

ぜひ、分析してみてください。

■バックナンバーでご覧の方へ
WEB集客応援メルマガにご登録すると
自動的に情報が無料で届くようになります。

メルマガの登録はこちらから

WEB集客応援メールマガジン