顧客獲得単価CPAってなに?

商談が成立し握手をする女性

WEB集客のサポートをしています。
榎田です。

■先日お客さんと話していた時に
WEB広告の話から、
顧客獲得単価の話になりました。

意外と知られてないなと
思いましたので、

今回は、顧客獲得単価について
お伝えします。

■顧客獲得単価は、
読んで字のごとくですが、

顧客を1人獲得するのに
掛る費用の事です。

マーケティング用語だと、
CPA(Cost Per Acquisition)と言います。

■この顧客獲得単価というのは、
WEB広告をするときに、
よく使います。

ゴールがなにかによって
変わってきます。

WEBで商品を販売する場合と
そうでない場合に分かれます。

■例えば、
WEB通販のように
WEBで販売する場合だと、

顧客獲得単価が5,000円で、
平均客単価が5,000円で、

商品原価が3,000円だったら、
2,000円の赤字ですよね。
これだと何のために、
広告出しているんだ!
ということになりますよね(汗

なので、
最低でも3,000円以下で
原価と経費と利益を考えて

顧客獲得単価を決める
必要があります。

広告費を3万円かけて、
10個以上売らなければ、
赤字ということです。

そこで、3万円の広告費で
10個以上売るというのが
最低目標になります。

■WEBで販売しない場合は、

資料請求してもらう、
問合せしてもらう
来店してもらう、

など販売は別の場所になります。

そのため、販売するときの
成約率がどれくらいかを
考慮する必要があります。

なので、通販のように
商品価格から原価と経費を
引いた金額を出してから、

その金額に成約率を掛けます。

■例えば、

100万円の商品で仕入れと経費を
引いて50万円で、
成約率20%だったら、

最低でも顧客獲得単価を
10万円以下に
する必要があります。

■実際には、違う指標も
色々と絡んでくるのですが、
今回は単純に計算しました。

■ぜひ、
参考にしてみてください。

■WEB集客応援メルマガにご登録すると
自動的に情報が無料で届くようになります。

メルマガの登録はこちらから