ご存知でしたか!社員5名以下の会社・個人事業に、国から最大50万円の補助金が支給されます。

「小規模事業者持続化補助金」とは?

経営計画に基づく販路開拓等の取り組みや、業務効率化の取り組みに対し、必要経費の3分の2、上限額50万円が補助されます。
補助金は返済不要なので、経営資金が限られている小規模事業者様でも、思い切った販売促進策がとれるチャンスです。

どんな事業者が対象?

①従業員数
・商業・サービス業で、常時使用する従業員の数が5人以下であること
 ※宿泊業・娯楽業・製造業・建設業等は20人以下

②事業形態
・株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社、企業・協業組合
・個人事業主
 ※以下は除外
  医師、協同組合、一般社団法人、一般財団法人、医療法人、宗教法人、NPO法人、学校法人、農事業組合法人、社会福祉法人、任意団体、申請時点で開業届を出していない創業予定者


どんな事業内容が対象?

販路開拓・業務効率化につながる取り組みであればOK!

<補助金の対象事業例>
【小売店】自社ブランド認知度UPのためのWEBサイト製作
【飲食店】バリアフリー対応や業務効率化の為の店舗改装
【ヘアサロン】ヘアケア商品の陳列棚の増設
【接骨院】ネット予約システムと連動したSNSマーケティング導入

どうすれば補助金をもらえる?

補助金申請の締め切りは2019年6月12日(木)です。
しかし、事前に管轄の商工会議所へ申請書類を提出する必要があるため、今すぐ取り掛かる必要があります。
さらに、小規模事業者持続化補助金は、申請したら必ずもらえるわけではありません。
補助金を獲得するためには、自社の現状分析と、収益拡大へのストーリーを組み込んだ【事業計画】の作成が必須です。
本セミナーでは、説得力のある事業計画の作り方と、膨大な申請者の中から自社の申請を採択してもらうポイントをお伝えします。

このセミナーの内容は?

第1部では、説得力のある事業計画の作り方と、膨大な申請者の中から自社の申請を採択してもらうポイントをお伝えします。
第2部では、売上アップのためのデジタルマーケティングとして、SNSを活用して効果的に顧客獲得をする方法をお伝えします。

開催概要

名称小規模事業者持続化補助金セミナー
日時2019年5月16日 14:30~16:30
場所エニシア静岡マルイ
参加費2,000円(税込)
定員10名

地図

講師紹介

櫻井賢介
行政書士さくらい法務事務所 代表 櫻井賢介
大手百貨店での勤務経験を経て、行政書士事務所を開業。顧客に負担をかけないサービス業マインドで、建設業・産廃業などの許認可法務のほか、相続・遺言などの民事法務も手掛ける。補助金申請では、飲食店や小売店などの申請を得意とするほか、自身の独立開業時にも補助金申請が採択された実績をもつ。
http://sakurai-office.main.jp/
WEBデザインオフィスIceGreen 代表 榎田要
中小企業向けに、インターネットを活用した実店舗への集客の仕組みをデザインしている。SNS、WEB、AI、オンライン、オフライン広告などを組み合わせて最適な提案をする。最近では飲食店、小売店、サロン向けにInstagramを有効活用する方法も教えている。
https://icegreen.biz

チャンスを活かす!

販路開拓・業務効率化をお考えの事業者の方、最大50万円の補助金獲得に挑戦してみませんか?
補助金申請の受付期間は短く、今から取り組まないと間に合いません。
ご自身の事業発展のため、ぜひこのチャンスを活かしてください。

お申込み・お問合せ

下記のフォームより、お申込み又はお問合せください。

(必須)お名前
(必須)ふりがな
(必須)メールアドレス
会社名
お電話番号
(必須)お問い合わせ内容